雑感など

内容の信頼性はこれを保証しない

The Tempo of Living(あるいは:ピアノ上達法)

 ピアノを上達するために重要なことが二つあると思う。

 一つは、毎日、欠かさず同じ練習を繰り返すこと。

 もう一つは、毎日、違う練習をすること。

 一見すると背反しているように思えるが、実はこれ以上の真実は(僕にとっては)ない。実際に、僕はこの方法を確立してから、ピアノの腕を格段に上げた。単なる技術だけでなく、音色までも。

 少し解説しよう。

毎日、欠かさず同じ練習を繰り返すこと。

 これは、ピアノに限らず、ありとあらゆる物事の上達法として、ありとあらゆる場所で口うるさく言われていることだから、改めて解説するまでもない。毎日、決まった練習を決まった量する。これ以上の上達法はない。それは真実だ。積み重ねることで技術が身体化され、以前は必死でやっていた行いが、いつしか自然とできるようになる

 僕の場合(というかピアノの場合)は、これはたとえば音階練習にあたる。ハ短調だの変ホ長調だのの音階を、ひたすら上ったり下ったりするだけ。指使いも一切変えない。ピアニストというのは、必ずと言っていいほど、幼いころにこの音階練習を嫌になるほどやるものだ。

 それから、バイエルやハノンといった練習曲。僕はハノンをやっているが、これは実につまらない。どれくらいつまらないかと言うと、これくらいだ。

www.youtube.com

 お分かりいただけただろうか。ドミファソラソファミ、レファソラシラソファ、ミソラシドシラソ…………、これを延々繰り返すだけだ。もちろん、ハノンにはこの曲以外にもたくさんあるが、どれも似たようなものだ。

 それらの曲をとにかくやる。飽きてもやる。嫌になってもやる。死んでもやる。毎日やる。

 もちろん、これだけが上達法ではないが、かつてハノンが嫌いで嫌いで仕方なくて、そんなものすっ飛ばしてクラシックの曲をやっていたが、限界を感じて、結局ハノンを熱心にやるようになった僕が言うのだから、間違いない、やっぱりハノンはスゴイのだ。

 狂ったようにハノンをやりまくるようになってから、技術も音色も格段に上昇した。ハノンさまさまだ。ありがとーーー、シャルル=ルイ・アノン!(スマイルセラピー風に)

毎日、違う練習をすること。

 ハノンのメニューを一通り終えたら、ちょっとだけ休憩する。そのとき重要なことは、腕の疲労感を味わうこと。あぁ~練習した! これだけやれば上達間違いなしやん!(別に関西弁じゃなくてもよい)という風に、自画自賛する。できればソファーに深々と腰掛けるとよい。全身から力を抜ききって、大きくため息。それで気合を入れ直して、ふたたび黒い塊のもとへ。

 次は、いよいよメインの曲の練習に移る。

 まずは、本番と同じテンポで、舞台の上にいるように弾く。舞台袖から出てきて、観客に向かって立つ。君が好きなあの子の可愛いお顔が薄暗い客席からこっちを見ていることを確認して、そっちにお辞儀。――優雅にね。それでゆったり鷹揚に、できるだけ余裕をかまして座る。で、玄人ぶって座り方にこだわる。スツールの両サイドを掴んで、何回も座り直す。よし、これでいい、みたいなしたり顔をしてから、ふっと息を調える。おもむろに手を鍵盤の上にかざして、弾き始めよう。

 さて、弾き終わったら、その演奏でよくなかったところを内省する。で、その部分がよくなかった原因を探る。まるで医者みたいに。問診したり触診したり内視鏡検査したりレントゲン見たりして。技術が足りないのか、解釈が甘いのか、音色がぴたりとはまっていないのか……。特定できたら、それでOK、すぐに直せないことのほうが多いから、ひとまず棚上げしよう。

 さて、いよいよ、違う練習をするときが来た。

 僕が今までにやってきた、(たぶん)奇妙な練習法を紹介しよう(たぶん、とつけたのは、ひょっとしたらピアニスト界隈では当たり前の練習法かもしれないからだ)。

  • 弾き終わるのに丸一日かかるんじゃない? ってくらい遅く演奏する。
  • ぐっちゃぐちゃに崩壊してもいいから、限界を突破した速さで弾く。
  • 全部の音符をフォルティッシモで弾く。
  • 全部の音符をピアニッシモで弾く。
  • 全部の音符をスタカートで弾く。
  • ペダルを一切使わない。
  • 右手だけで弾く。
  • 左手だけで弾く。
  • 指をべったりと伸ばして弾く。
  • 指を突っ立てて弾く。
  • 地べたに座って弾く。
  • 目をつぶって弾く。
  • 部屋を真暗にして弾く。
  • 楽譜を凝視しながら弾く。
  • 内声だけを弾く。
  • メロディーだけを弾く。
  • バスだけを弾く。
  • エッチなことを考えながら弾く。
  • 晩御飯のことを考えながら弾く。
  • 眠りにつこうとしながら弾く。
  • 感情を思いっきり顔に出して弾く。
  • 満面の笑みを浮かべながら弾く。
  • 苦悶の表情を浮かべながら弾く。
  • ピアニストになってチヤホヤされる妄想をしながら弾く。
  • 演奏の批評をしながら弾く。
  • プロの演奏を流しながら弾く(シャドウイング)。
  • 弾かない。

 ざっとこんなところだ。

 これらを、毎日、思い付いてしまったらとりあえずやってみる。無駄だと思っても。ばかばかしいと思っても。居間から見ている家族に笑われても

 意外なことに、上に例示した練習法は、だいたい効果をあげた。ほんの少しの場合もあれば、劇的に変わる場合もあった(まことに意外なことだが、「弾かない」という練習法ほど効果を上げたものはない。ただし、「弾かない」という練習をしすぎると、取り返しのつかないくらい下手くそになるから注意してほしい)。劇的に変化した練習法は、正規のメニューに採り入れて、何日かに一回やったりもしている(特に効果的だった練習方法は太字で書いた)。

 重要なことは、その日、その場で思い付いたことをやるということだ。だから、僕が提示した練習法を真に受けて真似してはいけない(たぶんそんな人いないだろうが)。自分の心が自然に思いつかせてしまった練習法をしなくてはいけない。逆に言えば、自分の心が自然に思いつかせた練習法は、傍から見てどれほど奇妙であっても、君にとってはこの上なく自然な練習法だということだ。

 どうしてそれらの奇妙な練習法が、上達のために効果的なのかは、言うまでもないことだが、わからない。

 ただし、かなり抽象的な言い方になってしまうが、おそらく、自分の身体にビルトインされた演奏に重層性が増すのだと思う。図示してみればこんな感じ。

f:id:beethoven32111:20170302170600p:plain

 水色とオレンジの線が、本番の演奏だ。

 ふつうの演奏だけだと、水色の線の演奏になる。どこか窮屈でしょ? これじゃ面白みのない、何の変哲もない、つまんねー演奏になってしまう。

 オレンジの線が、奇妙な練習法をたくさんした人の演奏だ。彼の演奏には、幅がある。本番だから仕方なくふつうの演奏をしていても、変なテンポの演奏とか、変な姿勢の演奏とか、変な顔の演奏とか、演奏せずにテレビばっか見ている演奏とか、それらのいろいろな演奏が聞こえてくるかのよう。そういう、あらゆる演奏の可能性が織り込まれた重層的な演奏こそが、聴衆を魅惑できるのだ。

 と、いちおう、そういう風に言っておこうか。

The Tempo of Living

 訳すと、”生活のテンポ”となる(たぶん。だって僕は英語が苦手だから。ちなみに英検は四級すら持っていない)。

 僕がこれまでいけしゃあしゃあと語ってきたことは、おそらくはピアノに限らずすべての楽器にあてはまると思う。

 そして、楽器に限らず、すべての芸術に、すべての行為に、あてはまるだろう。

 生活のテンポを、決して一定に硬直させてしまうことなく、意図的にずらし、遊んでみる。これこそが、あらゆる人生の可能性が織り込まれた重層的な人生を生きる術だ。